車両システム診断

img bosch4

  一般的に故障診断機と言われているものは、コンピューターの情報を読み出すことが主な目的なため、故障部位を発見/決定することは非常に困難です。

 

 ほとん どの整備工場では様々な故障メモリーを呼び出した後、必ずその部品や該当箇所が本当に壊れているかどうかをテスターなどで確認しています。

 

 しかし、今の車は様々なセンサーと呼ばれる部品が様々な信号を発信していますので、必ずオシロスコープ(人 で言うと心電図検査に使用しているような機械)が必要になります。

 

 さらにその信号の通信(発信)速度が高速化しているため、整備工場では現在の車にあった高性能なオシロスコープが求められてきています。

 

 これらのセンサーの状態のほか、エンジンの点火状態、コンプレッション状態、燃料噴射状態、排気ガス状態など を分析することができるため、正確なエンジンコンディションを診断することができます。